フォト
無料ブログはココログ

ツイッター

« 2016年9月 | トップページ | 2017年7月 »

2016年11月

2016年11月20日 (日)

ヤフオクでEWIを落札するのはギャンブルである!TYPEII 後編

( ˙³˙) まいどーん!コロクラす。

今日は雨降ってて寒かったっす。

さて、先日オークションで落札したEWI-1000とEWV-2000

専用の接続ケーブルは無事だったのでよかったのですが
世の中はそんなに甘くないようです。

Dsc04415

んー、ブレスのアジャストツマミの位置が変だな・・・・・・・

正直なところEWI-1000はブレスのセンサー感度がまちまちで
ビブラートセンサーの感度もまちまちで・・・・・

まぁ・・・・・・1本1本当たり外れが大きかったのはあるのですが
マジメに造ってたのでEWV-2000のツマミが大きくずれてるというのは
あんまり考えにくいのです。

Dsc04420


ツマミをバラしてみたら・・・・・・
あー!・・・・・・思い切りブツけてますねーw

EWV-2000は使うつもりがないのでまぁいいのですが
ここまで位置がズレているとかなり大きくダメージを
与えたよーですねーw

Dsc04432

ちなみにバックはこーなってました。

通常はACケーブルははずせるタイプのモノなのですが

これははずせないタイプですね。

( ˙³˙) 当時いろいろありまして売り上げがイマイチなEWI-1000を
何とかしようと思いまして(新型の3000の販売企画もあったぽい)
特価販売しましたところ爆発的に売れてしまいまして
国内販売用の在庫が無くなってしまったんですね。

この機会に売ってしまおう!と海外に出荷予定だった
EWIを国内用にトランスを載せ変えて販売したのが
このタイプだったはず。

なので100Vの部分が印刷ではなくシールが貼られています。

ちなみに私がメインで使っているEWV-2000はACコードが
はずれます。
ただ・・・このACコードも2芯のものなので巷では入手が
困難になってきてますよねw

EWI-1000(つーか2000?)ってすんげー細かいトコでバージョン
上がっていたりするんで詳しいことはよくわかりませんw

( ˙³˙) というとこで次回へw

2016年11月18日 (金)

ヤフオクでEWIを落札するのはギャンブルである!TYPEII

( ˙³˙) まいどーん!コロクラでーす!

11月も半ばでーす!けっこう寒い日もありますねー。

みなさんはいかがお過ごしでしょーか?

Dsc04402

先日・・・・といっても ちょっと前になるんですが
EWI-1000を とあるヤフオクで落札いたしました。
EWI-1000は最近どーいうわけか すごい高値だったり
しますので安く落札できるとラッキーだったりします。

個人的には「単純に古いウィンドシンセ」としか思っておりませんので
文章でプレミア感をあおっても希少価値的な何かをあおっても
いつぶっ壊れるかわからない修理もできない物体に
大金を投入するのはナンセンスだと思っております。

Dsc04406

というわけで届きました。


Dsc04407

おー!

予想以上にきれいですねー!
オークションの場合基本的にはちゃんとチェックされていないので
外見だけが頼りなのですが
なんとなく良さそうですねー。

取り扱い説明書もオリジナルのソフトケースも付いてます。
ぱっと見た限りでは問題は無さそうですね。

特に説明書付属というのはポイント高いです。


Dsc04411

EWI-1000でまずチェックしなければならないのは
EWV-2000の電源が入るかと接続ケーブルの断線ですね。

EWI-3000シリーズでもそうですが
接続ケーブル単体の入手が困難な上、修理が事実上、不可能
なので接続ケーブルのチェックは最重要項目ですね。
落札前に出品者に「接続ケーブルは問題ありませんか?」
くらいの質問はしておくべきでしょう。

「接続して音が出ました」などと書かれている場合がありますが
楽器として音が出るのは当然のことなので
いわゆる演奏で音が途切れたり出なくなったりしないかという
確認が必要なのです。断線しかかっていたり接続部分の
端子が劣化していたりすると音が断続的に出なくなったり
します。


EWI-1000ですとケーブルの断線は致命傷ですので。



( ˙³˙) ちなみに今回落札したEWIのケーブルは問題なく
使用できました。

よかったよかったw


、、、8-( ˙³˙) では・・・・次回に続くw










« 2016年9月 | トップページ | 2017年7月 »